2010年05月05日

鳩山由紀ちゃんの茶番劇−安保の現実を語ったら?

 沖縄に在日米軍基地の半数が集中し、沖縄がその被害に晒されていることは、数十年前から指摘され続けてきたことです。
 在沖米軍基地を撤去するために、その機能の「本土」への移転が選択肢として存在するように報道されていますが、現実的ではありません。現に「本土」に存在する米軍基地でさえ地元の反対意思を抑圧して存在し続けているのですから、新たな基地建設が容認される状況にはありません。
 
 由紀ちゃんは、何のために訪沖したのか。ご本人は沖縄が痛苦な現実にあることをご存じのようです。しかしなお、沖縄に対して米軍基地の存在に耐えることを懇願しなければならない政治的現実があるようです。
 問題は何か。結論から言えば、日米安保条約が存在しているからです。そしてそれを積極的に擁護する勢力が存在するからです。

 日本と米国との間を規定する「日米安保体制」がつづく限り、日本は米国の軍事的世界戦略の前線−補給システムから離脱することはできません。米国が沖縄を手放す意思を有しない限り沖縄から米軍基地がなくなることはありません。

 60年安保−70年安保、そして自動継続された今日までの日米安保体制は、実は「日本の防衛」に有効であったのではなく、沖縄人民に痛苦な現実を強いることに有効であったといえます。
 それは同時に、ブッシュのイラク侵攻−アフガン侵攻という米軍を抑圧軍隊として派兵する兵站基地として有効でした。つまりイラクやアフガンの人民に痛苦な現実を強いることに有効であったといえます。米軍の軍事展開が各国人民に有益であった事実はありません。

 日米安保は破棄するべきです。米軍基地は撤去すべきです。

 米国に従属しない日米関係を考えるべきです。米国に従属しない平和外交を考えるべきです。米国の「ボチ」でいる限り、日本は唯一の被爆国として、核政策に対する米国の二重基準を指摘する資格はありません。

 鳩山由紀ちゃんは、理念や希望を語るけど、それを具体化するロードマップも反対者を説得できる論理や見識もお持ちではないようです。姿勢だけを示すのは所詮茶番劇です。

posted by 三千光年 at 12:33| Comment(0) | 書簡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

憲法記念日 9条について

 憲法記念日、の所感。

〈9条について〉
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

 学生の頃、自衛隊は違憲か、合憲かというテーマがありました。憲法9条を読んですなおに判断すれば、自衛隊は戦力であるから違憲であると思っていました。憲法9条は、戦争への反省から、戦争をしないためにその手段である戦力(軍隊)を保持しないことを宣言していると解釈していました。
 ところが現実には、戦力である「自衛隊」が存在している。違憲な存在に予算付けしてその存在を容認している政治とは何なのかと思いました。

 戦後政治の出発点が、日米安保の体制下でのアメリカ占領下からの独立という経緯に規定されていたことと、日米安保体制が、アメリカの朝鮮やベトナムへの戦争政策への追従を余儀なくさせた経緯の中で、自衛隊という「戦力」が設立され拡充されてきたといえます。

 自衛隊を容認する主張のひとつに、「誇り論」があり、自衛隊勧誘などに利用されています。国や故郷や文化の「誇り」を守るために「戦力」が必要だという論理です。また「抑止論」からの主張もあります。侵略から「国」を守るために「戦力」が必要であるという論理です。
 しかしそこには、先の戦争が侵略した利権を守るための「防衛戦争」と位置づけられていたことへの反省がありません。近代史上、すべての戦争は「防衛」を口実に発動された「防衛戦争」であり、侵略を口実にした「侵略戦争」は存在しません。
 誤りを認めない「誇り」とは、「誤り」の上に「居直り」を上塗りした「独善」でしかなく、誰にも尊敬されません。相手にされません。

 また仮に、北朝鮮が日本に対して戦争を発動しようとするならば、「防衛戦争」としての大義が必要です。理由もなく戦争を発動することはありえません。したがって、北朝鮮が日本に対して戦争を発動する理由は、(経済制裁以外には)考えにくいというのが自然です。同様なことは、韓国、中国、ロシアなどすべての国について当てはまります。

 なお先の太平洋戦争のとき、連合国側の経済制裁に対して日本はその「防衛」を主張して戦争に踏み込んでいきました。右翼・ファシストらが主張するように、先の戦争が正しい戦争であるとするのであれば、現在の北朝鮮が日本などに対して「防衛戦争」を発動することも正しいことになります。しかし、そんな詭弁は国際社会に通用しません。幸い、現在の北朝鮮指導部が、当時の日本指導部よりは冷静、優秀であるから戦争にいたっていないともいえます。

 そうであれば、戦争抑止の手段は「防衛戦争」の口実を排除するための「友好」政策に尽きると思います。パワーバランスから戦争抑止を主張する論法は、防衛官僚と防衛産業を利するだけです。
 自衛隊は解体してその能力を緊急救援などの民生用に転用すべきです。

posted by 三千光年 at 11:39| Comment(0) | 書簡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

建国記念日だそうで

建国記念日?
だそうです。今日は。

でも2月11日は、かつての紀元節ですね。

"日本書紀"に記載されているとされる"神武天皇が即位したとされる日"が
2月11日だそうで
縄文時代以前の紀元前660年のことだそうです。

たしか大化の改新が紀元645年ですから、
神武天皇は日本の歴史が始まるかなり前に存在していたらしいですね。

日本が「近代国家」として出発したのは明治維新からのことになりますから、
「国民」の休日、として適切であるか否かについて異論があるのは当然ですね。

国民主権という民主主義が原則になったのは1945年以降ですから
いっそ終戦記念日の8月15日を建国の日にした方が、
すっきりするかも。
posted by 三千光年 at 00:00| Comment(0) | 書簡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。