2010年05月13日

お友達やお知り合いの方に転送お願いします!

お友達やお知り合いの方に転送お願いします!


------------------


宮崎県で起こった家畜の口蹄疫感染の現状です。悲惨すぎます。
記載してあるURLのページに地元の方の訴えが載っています。

http://kouteieki.client.jp/

先日からツイッターでたくさんの方がこの件についてツイートされています。
私も上記URLのページを拝見し、政府の対応のいい加減さに怒りが込み上げてきました。
宮崎県の産業だけでなく地元の畜産農家の方々の生活がかかっているというのに、政府は、政治家は一体何を考えているのでしょうか。

記載しているURLの拡散をお願い致します。
mixiの日記、ブログ、ツイッター、メール、何でも構いません。
少しでも多くの方に知って頂きたいです。この文面をそのままコピーして頂いても構いません。
お願いします。
posted by 三千光年 at 12:19| Comment(0) | 書簡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

人を人間扱いせぬJR西日本

 このタイトルは、山口だから日共左派の流れかしら?

http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/hitowoninngennatukaisenujeiarunisinihonn%20satuzinnroudoutoannzennkirisute.htm

 この記事が真実であるか否かは不明ですが、実際に、07〜08年にかけて、広成建設山口支店管内は、他支店管内に比較して異常に労災事故が多発していました。

 当時、管理する側(広成建設職員ら)は、山口支店は「たるんどる」とかの評価でしたが、下請の現場サイドからすれば、事故の原因は職場環境にあると推測していました。山口支店管轄の現場作業環境は、作業チームの相互信頼が相当不足しているから、安全を配慮した作業を怠る事態になっている、つまり安全な労働の前提−信頼関係が喪失している、と。

 職場環境というのは、労働安全に対する「姿勢」に大きく影響されます。信頼関係を伴わない上滑りな「安全指示」「安全対策」など事故防止に有効ではありません。むしろ有害です。

 広成建設はJR西日本の「子会社」であり、決算も連結しているグループ会社のひとつですから、日勤教育の非人間性が自覚できないほどに悪質なJR西日本の体質の影響下にあるといって過言ではありません。
 ただ、その悪質さも大阪の大鉄工業にはかなわないでしょうが…。

 JR西日本自身が、宝塚線の事故をはじめ触車等の事故に対して、場当たり的な「ルール」ばかりを作成して、いまだに上滑りな「安全対策」に終始していますから、グループ会社がその規定をこえることは困難かもしれません。JR西日本の安全対策への姿勢を反面教師とすれば、改善の余地が見えるのですが、残念です。

 JR西日本の体質が変わらない限り、こういった労働災害等はなくならないように思います。

…(中途)


posted by 三千光年 at 22:02| Comment(0) | 書簡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

鳩山由紀ちゃんの茶番劇−安保の現実を語ったら?

 沖縄に在日米軍基地の半数が集中し、沖縄がその被害に晒されていることは、数十年前から指摘され続けてきたことです。
 在沖米軍基地を撤去するために、その機能の「本土」への移転が選択肢として存在するように報道されていますが、現実的ではありません。現に「本土」に存在する米軍基地でさえ地元の反対意思を抑圧して存在し続けているのですから、新たな基地建設が容認される状況にはありません。
 
 由紀ちゃんは、何のために訪沖したのか。ご本人は沖縄が痛苦な現実にあることをご存じのようです。しかしなお、沖縄に対して米軍基地の存在に耐えることを懇願しなければならない政治的現実があるようです。
 問題は何か。結論から言えば、日米安保条約が存在しているからです。そしてそれを積極的に擁護する勢力が存在するからです。

 日本と米国との間を規定する「日米安保体制」がつづく限り、日本は米国の軍事的世界戦略の前線−補給システムから離脱することはできません。米国が沖縄を手放す意思を有しない限り沖縄から米軍基地がなくなることはありません。

 60年安保−70年安保、そして自動継続された今日までの日米安保体制は、実は「日本の防衛」に有効であったのではなく、沖縄人民に痛苦な現実を強いることに有効であったといえます。
 それは同時に、ブッシュのイラク侵攻−アフガン侵攻という米軍を抑圧軍隊として派兵する兵站基地として有効でした。つまりイラクやアフガンの人民に痛苦な現実を強いることに有効であったといえます。米軍の軍事展開が各国人民に有益であった事実はありません。

 日米安保は破棄するべきです。米軍基地は撤去すべきです。

 米国に従属しない日米関係を考えるべきです。米国に従属しない平和外交を考えるべきです。米国の「ボチ」でいる限り、日本は唯一の被爆国として、核政策に対する米国の二重基準を指摘する資格はありません。

 鳩山由紀ちゃんは、理念や希望を語るけど、それを具体化するロードマップも反対者を説得できる論理や見識もお持ちではないようです。姿勢だけを示すのは所詮茶番劇です。

posted by 三千光年 at 12:33| Comment(0) | 書簡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。